にきびは治った後も注意

美容整形

セルフケアでは解決困難

にきびは細菌のしわざである、ということはかなり知られるようになってきています。にきびの主原因となるのはアクネ菌とよばれる細菌です。アクネ菌は脂質を好む傾向にあるため、毛穴に詰まった皮脂などに棲みつき、皮膚に炎症を起こさせます。これがにきびです。このとき、皮膚へのダメージがあまりに強いとにきびが治った後でも跡が残ってしまうことがあります。このにきび跡は、にきびそのものと並ぶ深刻な肌トラブルの1つに数えられています。にきび跡にはうっすらと赤みがさした程度のものからシミとなって残ったもの、肌の表面が凸凹になってしまったものなどさまざまな種類があります。いずれもセルフケアでは簡単には解決できませんが、美容外科等のクリニックで適切な治療を受ければ比較的短期間で改善することも可能です。

美容医療で解消を

さまざまなタイプのにきび跡に共通して言えるのは、皮膚細胞がアクネ菌によるダメージから回復していないということです。これを解決するには、ダメージを受けた細胞を取り除き、健康でフレッシュな組織に生まれ変わらせる必要があります。現在、にきび跡の治療法としてポピュラーなのが、レーザー治療です。これは、にきび跡にレーザーを照射して細胞を軽いやけど状態にして、人為的に新陳代謝を早めるという技術です。使用するレーザーには数種類あって医療機関ごとに異なりますが、フレッシュな細胞への入れ替わりを促進するという点では共通しています。なお、レーザー治療後はやけど状態が完治するまでの間ホームケアが必要になります。詳しくは医師の指示に従うこととなりますが、紫外線対策などに気を配る必要があります。

美肌は作るものです

看護師

にきびの症状が治まった後に残るにきび跡は整形を手掛ける病院で治療を受けるのが最善の方法です。スキンケアだけでは完全に治すのは難しい面があります。京都にはにきび跡の治療実績をもつ整形病院が沢山あります。自分にあう病院を見つけて治療を受けてみましょう。

悩み別にきびの治し方

美容整形

にきび跡の治療は非常にデリケートな整形的問題であり、慎重に考慮する事が重要です。大阪における治療法として、例えばケミカルピーリングや、ホルモン療法などが主要として挙げられます。これらの他にも様々な療法がありますから、積極的に調べ、よく検討する事が大切です。

肌に悩みを抱えているなら

医者

にきびをはじめとした肌のトラブルに悩んでいるのであれば、その症状の軽い重いに関らず、積極的に病院の皮膚科や美容外科を活用していくといいでしょう。最適な治療薬を処方してもらうことができるのはもちろんのこと、肌質を教えてもらうことで、最適なスキンケアの方法を知る事もでき、トラブルの再発予防に役立ちます。